大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館 閉じる

身装画像データベース<近代日本の身装文化>

English
本身装画像データベース〈近代日本の身装文化〉は、和装と洋装が拮抗したダイナミックな期間である明治維新(1868年)以降、第二次世界大戦終結(1945年)までを対象として、その文化変容の様子をデータベース化しています。当時の新聞小説挿絵、写真、図書中の図版、ポスターなどで構成されており、とくに新聞小説挿絵は、写真には収められていないような身装(下着姿や寝間着姿)、および各階層の日常生活の情景が生き生きと活写され、その信憑性は高く、当時の様子を知る格好の画像情報です。
各画像データには、詳細なメタデータが付与されています。さらには、文化変容にかかわる約300テーマに関する1,600字~2,000字の参考ノートが用意され、各事柄について、画像からだけでなく、文章からも一定の知識を得ることができます。
なお、検索のためのツールとして、検索項目にキーワードを入力して検索する以外に、「身装画像コード」,「年代」,「制作者」の一覧が用意されています。検索項目に入力する言葉が見つからないときは、この一覧をご利用ください。
「身装画像コード」一覧では、装いの背景から衣服のアイテムまでの検索語を、次の項目「K. 景観」,「G. 建造物等の外観」,「H. 屋内」,「J. 不特定情景」,「D. からだの問題と着装態様」,「P. 衣服一般(西洋衣服と共通形態区分)」,「V. 和装」,「W. アクセサリー一般」,「Q. 素材・表面特性一般」,「E. 技術一般」ごとに見つけることができます。
「年代」からは、各年の身装情報を得ることができます。
「制作者」からは、挿絵の作成者と小説作者が、その生年によってリストアップされており、制作者ごとの作品を見ることができます。

「参考ノート」は、以上の環境からは独立したかたちで、テーマ一覧(「装いの周辺」,「身体」,「美容」,「アクセサリー」,「素材と装い」,「着る人とTPO」,「産業と流通」,「メディアと環境」,「民族と民俗」,「総括」)が用意されています。画像データをより理解するために、また当時の様子を、よりまとまった形の文字情報から得たい場合に、お役に立てると思います。

なお、すでに公開しております、〈近代日本の身装電子年表〉とともに、本身装画像データベースをお使いいただきますと、さらに充実した情報を得ることが可能です。
このデータベースは、国立民族学博物館・大丸弘研究室(1995年度まで)、国立民族学博物館・久保正敏研究室(2014年度まで)、大阪樟蔭女子大学・高橋晴子研究室(2014年度まで)が中心となって作成したものです。2015年度より、MCDプロジェクトとして、引きつづき作成に当たっています。
現在、データ件数は、約5,000件です。

このデータベースの一部は、独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金―研究成果公開促進費(データベース)、重点領域研究(A)、特定領域研究(A)、基盤研究(B)、基盤研究(C)によって構築されています。

本データベース作成にあたり、資料の提供等にご協力くださいました個人の皆様、また機関に厚くお礼申し上げます。
●  ご利用にあたって

このデータベースでは、人物呼称や職名などの語用について、資料に記述された元の文言や調査当時の文言をそのまま生かしています。このため、現在では不適切と考えられる表現も含まれていることをご了承ください。また、このデータベースにおける人物写真や肖像には、ご本人やご遺族から公開の許諾が得られていないものが含まれています。これらの点を含め、この画像データベースについて、新たな情報やお気づきの点、ご意見などございましたら、ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
●  ブラウザ推奨環境

 ・ Windows7、8、8.1、10 をお使いの場合(Internet Explorer 11、Firefox、Google Chrome)
 ・ Mac OS X をお使いの場合(Safari、Firefox、Google Chrome)
 ・ Windows Vista をお使いの場合(Firefox、Google Chrome)※Internet Explorer 9では正常に動作しません
●  お問い合わせ